Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒指導関連の資料を含むUSBメモリを紛失 - 高槻市の中学校

高槻市立第六中学校の教諭が、在校生や卒業生など約100名の個人情報を含む資料を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

所在が不明となっているメモリには、同教諭が担当する生徒指導関連の資料が保存されていた。具体的には、2005年度と2006年度の長期欠席者85名の氏名、学年、クラス、欠席日数などが記載された報告書、および不登校やいじめなどの問題行動があると見られる生徒の名字、学年、クラスなどが記載された会議資料など。合わせて約100名ほどの個人情報が含まれる。

同教諭は、3月30日にメモリを使用して仕事をし、その後帰宅した。2日後に再びメモリを使って作業しようとしたところ、デスクの保管場所に見当たらず、周辺や自宅、立ち寄り先などを探したが発見できなかったという。全職員で捜索したが見つからず、4月3日に紛失届を提出した。

同校では、該当する生徒と保護者に対して個別に説明と謝罪をするとしている。また5日に保護者会を開き、経緯説明と謝罪をした。保護者会では、盗難やインターネット上への流出、高校入試への影響を心配する声や、管理の甘さを指摘する意見が寄せられたという。

同校では、個人情報については鍵のかかる引き出しや棚に保管するよう指導してきたが、徹底されていなかったとして、今後は職員の研修を行うなど指導を強化するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令