Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新日本製鐵、メール誤送信で顧客のアドレス1055件を流出

新日本製鐵は、3月28日に顧客向けにメールを送信した際、誤って送信先のアドレス1055件が表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社薄板営業部住宅建材開発グループが顧客および関係者向けに送信したメール。「BCC」に設定せず同報送信したため、送信先のアドレス1055件が閲覧できる状態で送られた。

同社では誤送信の判明後に謝罪し、該当メールの削除を依頼した。今後は情報発信の手順について必要な見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2007/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表