Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者661名の診療情報が盗難に - 兵庫県立成人病センター

兵庫県立成人病センターにおいて2月23日に研修医の執務室となっている医局において盗難事件が発生した。

今回の事件で被害に遭ったのは、パソコン7台やUSBメモリ6個などで、2月23日早朝に院内から何者かによって持ち去られたという。パソコンなどには、患者661名分の手術記録、画像記録、診療記録などが保存されていた。

警察による捜査が引き続き行われている。同センターでは、該当する患者に対し謝罪状を送付したとしている。

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に