Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と筑波大が10Gbpsで動作するIPSを開発 - FPGAを応用

産業技術総合研究所と筑波大学は、10Gbpsの通信速度に対応する侵入防御装置の試作に成功と発表した。

筑波大学の研究をもとに書き換え可能なLSIチップ「FPGA」を用いたハードウェアを産総研で試作。1200種類の検知ルールを設けて10Gbpsの速度で実験したところ、遅延なく動作することを確認したという。次世代の百Gbpsにも対応するという。

産総研は今回の実験にあたり、東京都立産業技術研究センターやデュアキシズ、ビッツと擬似的な侵入や攻撃を含んだ通信データを10Gbpsの速度で送信するネットワーク模擬攻撃装置を開発している。

産総研では、2006年11月にFPGAを用いてウイルスチェックを10Gbpsの速度で対応行えるシステムを開発、発表している。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ