Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、原発業務用PCを紛失 - 機微情報や個人情報は含まれず

東芝は、関係会社が同社府中事業所において原子力関連の業務情報を含んだ作業用パソコンを紛失したと発表した。

所在不明となっているパソコンには、原子力関連業務に用いられており、関連データが保存されていた。核物質や原子力発電所の保安に関する情報や顧客情報などは含まれないという。同社によると、紛失当時の状況から、2月16日夜から18日にかけて盗難に遭ったと判断し、20日に警察へ被害を届けた。

同社では、同パソコンに二重のパスワード設定とデータ暗号化など対策を実施しており、データが流出する可能性は低いとしている。また該当する取引先に対し、説明と謝罪をした。

(Security NEXT - 2007/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」