Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想デスクトップを利用したモバイルPC向け情報漏洩対策サービス

三菱電機情報ネットワークは、モバイルPC向けの情報漏洩対策ソリューション「モバイル・セキュア・ワークスペースサービス」を、3月16日より提供開始する。

同サービスは、マクニカネットワークスが扱う米ジュニパーネットワークス製SSL-VPNアプライアンス「Juniper SA」を利用した、モバイルPC向けの情報漏洩対策ソリューション。パソコン上の仮想デスクトップ上からリモートアクセス先のデータを編集、閲覧できる。

利用したファイルはアクセス終了時にすべて消去され、パソコンのハードディスクや外部メディア上に保存できないため、外部持ち出しによる情報漏洩対策に活用できる。

ソフトウェアのインストールなどは必要なく、既存のPC環境を変更することなく利用可能。また同サービスでは機器の構築、設定から保守運用までワンストップでサポートする。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化