Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

見舞金の受取人に関する個人情報がネット上に流出 - 生協共済会

全国生協役職員共済会が管理する一部個人情報が、ネット上に流出していたことがわかった。口座情報なども含まれていたという。

同会は、日本生活協同組合連合会や関連企業の役職員が加入している福利厚生団体。今回流出が判明したのは、同会が実施している見舞金の支払いに関連した情報で、受給者144名や見舞金の受取人93名の氏名、住所、電話番号、口座情報などが含まれていた。2月1日に受給者から指摘され、流出していることがわかった。

同会では、関係者に対して謝罪、流出の原因や経緯について引き続き調査を進めている。また、日本生活協同組合連合会が提供する「CO・OP共済」では情報流出は発生していないとしている。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ