Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

見舞金の受取人に関する個人情報がネット上に流出 - 生協共済会

全国生協役職員共済会が管理する一部個人情報が、ネット上に流出していたことがわかった。口座情報なども含まれていたという。

同会は、日本生活協同組合連合会や関連企業の役職員が加入している福利厚生団体。今回流出が判明したのは、同会が実施している見舞金の支払いに関連した情報で、受給者144名や見舞金の受取人93名の氏名、住所、電話番号、口座情報などが含まれていた。2月1日に受給者から指摘され、流出していることがわかった。

同会では、関係者に対して謝罪、流出の原因や経緯について引き続き調査を進めている。また、日本生活協同組合連合会が提供する「CO・OP共済」では情報流出は発生していないとしている。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス