Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士河口湖町HPが不正アクセスによる改ざん被害

富士河口湖町のホームページが海外からの不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされる被害が発生した。現在は復旧している。

同町の発表によれば、被害に遭ったのはホームページの行政情報および観光情報のページ。タイトル項目が無関係な内容の英文に書き換えられていた。12月16日夜、山梨県警からホームページに異常が発生しているとの連絡があり、その後担当者が改ざんを確認。ただちに公開を停止した。

再発防止のためセキュリティ強化対策を実施し、書き換えられたページを復旧したうえで17日15時過ぎに公開を再開した。被害届を提出し、警察による捜査が行われているという。同町では、不正アクセスの状況やシステムの状態を調査。個人情報流出はなかったと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開