Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士河口湖町HPが不正アクセスによる改ざん被害

富士河口湖町のホームページが海外からの不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされる被害が発生した。現在は復旧している。

同町の発表によれば、被害に遭ったのはホームページの行政情報および観光情報のページ。タイトル項目が無関係な内容の英文に書き換えられていた。12月16日夜、山梨県警からホームページに異常が発生しているとの連絡があり、その後担当者が改ざんを確認。ただちに公開を停止した。

再発防止のためセキュリティ強化対策を実施し、書き換えられたページを復旧したうえで17日15時過ぎに公開を再開した。被害届を提出し、警察による捜査が行われているという。同町では、不正アクセスの状況やシステムの状態を調査。個人情報流出はなかったと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」