Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、「Windows Vista対応支援センター」の提供を開始

マイクロソフトは、開発者向けに「Microsoft Windows Vista」における互換性の検証を支援する「Windows Vista応支援センター」を提供開始した。

同社では、ハードウェアやソフトウェアなどの開発者を対象に、互換性向上に必要な情報などを提供する「Windows Vista対応支援センターポータルサイト」をオープン。同社調布技術センターにWindows Vista対応支援センターラボを12月下旬に設置する予定。

また、無料セミナーの実施やインプレスジャパンと協力してラオックス ザ・コンピュータ館内に「Developer Support Center」を設置するなど情報提供に力を入れる。

さらに同社は、ユーザーに対しては、Windows Vista互換性情報サイトを設置し、標準でサポートされるハードウェアやソフトウェアなどの情報提供を行う。また、互換性の診断ツール「Microsoft Application Compatibility Toolkit」「Windows Vista Upgrade Advisor」を無償で提供する。

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業