Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Vistaにも感染するウイルス3種がランクイン - ソフォスのウイルストップ10

ソフォスは、2006年11月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、11月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.28%で、先月の0.34%よりわずかに減少した。先月初めてランクインした「Stratio-Zip」が、全報告数の3分の1を占め、長期間に渡ってトップにあった「Netsky-P」に代わって1位になった。

同社ではトップ10に含まれる3種のウイルスについて、Windows Vistaのセキュリティ機能を回避して感染するケースがあるとして、注意を促している。

同社によれば、Outlookの後継にあたるWindows Mailではすべてのウイルスを検知。しかし他社製のウェブメールを使用した場合、「Stratio-Zip」、「Netsky-D」、「MyDoom-O」に感染する可能性がある。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Stratio-Zip
W32/Netsky-P
W32/Bagle-Zip
W32/Zafi-B
W32/Netsky-D
W32/Nyxem-D
W32/MyDoom-O
W32/Mytob-C
W32/Sality-AA
W32/Zafi-D

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも