Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求む、フィッシング詐欺情報 - シマンテックが一般ユーザーから情報募集

シマンテックが運営するオンライン詐欺対策コミュニティ「Symantec Phish Report Network」は、詐欺サイトに関する情報の募集を開始した。

同コミュニティは、2006年5月に発足したオンライン詐欺対策コミュニティ。加盟企業が詐欺サイトのアドレスを共有し、それぞれの企業がフィッシング対策ソリューションなどへ情報を活かしてきたが、今後一般からのオンライン詐欺に関する情報を幅広く募集することでデータベースの充実を図る。

今回、同組織へNational Cyber-Forensics and Training Allianceが参加することも発表されている。収集された詐欺サイトの情報がNCFTAへ提供され、発信元の究明や犯罪捜査などに活用される。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市