Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒35名の個人情報などが車上荒らし被害に - 堺市立小学校

堺市教育委員会は、10月12日に堺市立小学校の教師が車上荒らしに遭い、生徒35名分の個人情報が記載された備忘録などを鞄ごと盗まれたと発表した。

食事するため駐車場へ止めてあった車両内から持ち去られたもの。盗まれた鞄には、同教師が担任の児童35名分の氏名、住所、電話番号、テスト結果が記載された備忘録をはじめ、児童名が記載された学級通信の原稿を含むUSBメモリ、卒業生数名のメールアドレスが登録された携帯電話が入っていた。

同校では該当する生徒の保護者宛てに謝罪の書面を送付するとともに、家庭訪問を行って直接謝罪した。同委員会は全市立学校に対し、個人情報保護について徹底するよう通知するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を