Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERT コーディネーションセンターは、2006年第3四半期の脆弱性関連情報に関する届出状況をまとめ、発表した。

今回発表されたのは、2006年7月から9月までの脆弱性関連情報の届出状況。同発表によれば、ソフトウェア製品に関する脆弱性情報の届出件数は37件で、そのうち28件が公表された。その中には、「サイボウズOffice 6」において登録されているユーザーやグループに関する情報が漏洩する脆弱性や、「Movable Type」の検索機能におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性などが含まれる。

ウェブアプリケーションに関する脆弱性情報の届出件数は97件で、そのうち54件が修正完了となっている。「クロスサイト・スクリプティング」が約40%を占め、「SQLインジェクション」が21%と続き、いずれもこれまで同様多数発生している。これらの脆弱性は、個人情報の漏洩やデータ改ざんなどを引き起こす可能性があり、サイト運営者は適切なセキュリティ対策を実施するよう求めている。

IPAは脆弱性関連情報の届出受付を、JPCERT/CCは国内の製品開発者などの関連組織との調整を2004年7月より行っている。

(Security NEXT - 2006/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正