Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「Suica定期券」に電子マネーが利用できない不具合 - プログラムミスで

JR東日本が発行するICカード型定期券「Suica定期券」に一部不具合が発生した。

JR東日本によれば、10月1日にみどりの窓口で発行したSuica定期券の一部で、イオカード機能と電子マネー機能が使えなくなる不具合が発生したという。

問題が発生したカードは、汚損や機能追加により同日に従来の定期券から新しいカードへ交換した際に発行されたもの。首都圏や仙台エリアなど207駅において522枚が発行された。誤動作の原因は、発行する発見システムのプログラムミスによるもので、カード内に「チャージ部分使用不可」といった情報が誤って書き込まれたという。

プログラムミスは判明後に修正されている。同社では、発行した不具合があるSuica定期券の購入者へ連絡を取り、謝罪した上で交換手続きを行うとしている。

JR東日本
http://www.jreast.co.jp/

(Security NEXT - 2006/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中