Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、定額制のタイムスタンプサービスを提供開始

PFUは、電子文書向けタイムスタンプサービスに従来のプリペイド方式にくわえ、「定額制サービス」を追加、ラインナップを拡充した。

同サービスは、あらゆる電子文書や電子データにタイムスタンプを付与するサービスを、定額制で提供するもの。企業内のパソコンやサーバからの発行要求を一元管理するソフトも提供される。

基本サービスは、1秒間に1タイムスタンプを発行でき、基本料金は年額240万円。追加料金により発行数を増やすことも可能。発行するタイムスタンプを1秒間に1タイムスタンプ増加させるごとに、年額240万円が追加となり、最大5タイムスタンプまでの追加に対応する。

(Security NEXT - 2006/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス