Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、定額制のタイムスタンプサービスを提供開始

PFUは、電子文書向けタイムスタンプサービスに従来のプリペイド方式にくわえ、「定額制サービス」を追加、ラインナップを拡充した。

同サービスは、あらゆる電子文書や電子データにタイムスタンプを付与するサービスを、定額制で提供するもの。企業内のパソコンやサーバからの発行要求を一元管理するソフトも提供される。

基本サービスは、1秒間に1タイムスタンプを発行でき、基本料金は年額240万円。追加料金により発行数を増やすことも可能。発行するタイムスタンプを1秒間に1タイムスタンプ増加させるごとに、年額240万円が追加となり、最大5タイムスタンプまでの追加に対応する。

(Security NEXT - 2006/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開