Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータから他機関との共同研究資料や個人情報がWinny上へ流出

NTTデータから、同社と理化学研究所など外部機関と共同で研究を進めている技術関連資料や関係者の個人情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

流出したデータは、同社が進めていた研究プロジェクトの研究者の情報で、同社社員26件を含む176件の氏名や連絡先といった個人情報。また、技術調査資料やシステム設計、運用、研究データなど研究に関する技術資料431件も流出した。一部遺伝子情報が含まれていたが、匿名化が行われており、個人は特定できないという。

NTTデータの社員が昨年から今年はじめにかけてデータを持ち出し、自宅で作業を進めていたが、暴露ウイルスに感染し、流出した。同社では、データの持ち出し制限や私用パソコンの利用禁止を行っていたが防げなかったという。

理研では、今回の流出に関し、NTTデータ側に情報セキュリティに関する取り決めや機密保持契約に違反があったとしている。NTTデータでは、関係者に対して事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2006/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協