Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員のPCから個人情報含む業務情報がShare流出 - 東京電力

東京電力は、沼津支店従業員の私用パソコンから業務データがファイル交換ソフト「Share」を介して流出したと発表した。約340件の個人情報も含まれるという。

9月7日に第三者からの指摘があり判明。ウイルスに感染が原因と見られる。流出データは、同支店の配電設備業務に関する工事関係資料や設計関係資料などの業務情報、および社内外関係者の個人情報約340件。氏名、住所、メールアドレスなどが含まれる。保安管理上の機微情報は含まれないとしている。

同社では、業務情報を含むデータの削除を指示しており、同従業員も作業を行ったが、不完全だったため、ネット流出につながった。同社は、原子力安全・保安院より口頭による注意を受けたという。また、該当する関係者に対し説明と謝罪した。

(Security NEXT - 2006/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器