Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、8月度レポートを発表 - ローカルなソフトも攻撃の対象に

トレンドマイクロは、2006年8月のウイルス感染被害レポートを発表した。8月は夏期休暇の影響で、個人ユーザーからの問い合わせが増えたという。

同レポートによれば、8月の被害報告数は8393件で先月の7328件から増加した。最近の傾向として不特定多数ではなく、特定の標的を狙うウイルスが増加していると分析。

8月には、ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」のセキュリティホールを悪用する「TROJ_MDROPPER.BL」が発生。「一太郎」が狙われたのは今回が初めてで、国産ソフトでも標的にされる可能性が高まっているとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2006/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開