Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、8月度レポートを発表 - ローカルなソフトも攻撃の対象に

トレンドマイクロは、2006年8月のウイルス感染被害レポートを発表した。8月は夏期休暇の影響で、個人ユーザーからの問い合わせが増えたという。

同レポートによれば、8月の被害報告数は8393件で先月の7328件から増加した。最近の傾向として不特定多数ではなく、特定の標的を狙うウイルスが増加していると分析。

8月には、ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」のセキュリティホールを悪用する「TROJ_MDROPPER.BL」が発生。「一太郎」が狙われたのは今回が初めてで、国産ソフトでも標的にされる可能性が高まっているとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2006/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」