Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FJB、セキュリティソリューションに内部統制メニューを追加

富士通ビジネスシステムと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、内部統制メニューを追加したセキュリティソリューション「FJB Security Opt」の提供を開始した。

同サービスは、これまで富士通ビジネスシステムが提供してきた7つのセキュリティサービス群に、IT全般統制に関する製品およびサービス追加。あらたに体系化して提供を開始するもの。

内部統制については、「IDアクセス管理」、「操作・アクセス制限」、「不正アクセス防止」、「ログ(監査証跡)取得」、「データ保護」、「IT資産管理・構成管理」と6つのカテゴリに分けて、必要なソリューションを提供する。

サーバアクセスコントロールを可能にする「SHieldWARE」や、不正アクセスを防止する「Citrix Application Firewall」、パソコンの不正操作を防ぐ「SafeManager SE」など、富士通SSLが提供する8種類の製品がメニューに加えられた。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人