Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマト運輸、機密文書リサイクルサービスを全国展開

ヤマト運輸は、機密文書の溶解処理サービス「クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス」の全国展開を8月1日より開始する。価格は、1800円/箱。

同サービスは、機密書類を専用ダンボール箱に詰め、溶解する処理サービス。同社では、今年5月より九州の一部地域でサービスを開始していたが、8月より対象地域を沖縄を除く全国へ拡大する。

溶解サービスでは、処理後に証明書を発行。資源はトイレットペーパーや段ボールへ再生するという。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし