Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、スパイウェア対策ソフトの最新版を発売

ウェブルート・ソフトウェアは、未知のスパイウェアも防御する「スマートシールド」を搭載したスパイウェア対策専用ソフト「Spy Sweeper 5.0」を発売した。

同製品は、スパイウェアの検出と駆除に特化したセキュリティソフト。同社の自動スパイウェア検出システム「Phileas」により、最新の定義ファイルが毎日自動的に提供される。今回の最新バージョンでは、「キーロガーシールド」を含む16種の「スマートシールド」が搭載された。

「スマートシールド」は、スパイウェアに狙われやすい箇所を常時監視し、hostsファイルやブラウザのセキュリティ設定が変更されるのを防ぐ。これにより、定義ファイルが提供されていない未知のスパイウェアも防御することができる。

また、日本特有の不正プログラムと言われる「ワンクリックウェア」にも対応している。価格は、パッケージ版が5880円。ダウンロード版が3990円となっている。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂