Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、スパイウェア対策ソフトの最新版を発売

ウェブルート・ソフトウェアは、未知のスパイウェアも防御する「スマートシールド」を搭載したスパイウェア対策専用ソフト「Spy Sweeper 5.0」を発売した。

同製品は、スパイウェアの検出と駆除に特化したセキュリティソフト。同社の自動スパイウェア検出システム「Phileas」により、最新の定義ファイルが毎日自動的に提供される。今回の最新バージョンでは、「キーロガーシールド」を含む16種の「スマートシールド」が搭載された。

「スマートシールド」は、スパイウェアに狙われやすい箇所を常時監視し、hostsファイルやブラウザのセキュリティ設定が変更されるのを防ぐ。これにより、定義ファイルが提供されていない未知のスパイウェアも防御することができる。

また、日本特有の不正プログラムと言われる「ワンクリックウェア」にも対応している。価格は、パッケージ版が5880円。ダウンロード版が3990円となっている。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多