Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2006年のマルウェア登場件数は6万件超の見込み - マカフィー

マカフィーは、同社マルウェアのデータベース登録数が20万件に達したと発表した。

同社研究機関であるMcAfee Avertラボでは、マルウェアのデータベースを管理しており、今月20万件を記録したという。10万件を越えたのは2004年9月で、10万件を記録するまで18年を要したが、それからわずか22カ月で20万件に達したという。

2年前と比較し、1日あたりのマルウェア発生件数は3倍に増加。大幅な増加の原因はBotだった。年間の登録数を見ると、2004年は2万7340件、2005年に5万6880だったが、今年はすでに3万2000件を突破しており、6万件を越す勢いだという。

(Security NEXT - 2006/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正