Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で90名のアドレスを流出 - 伊丹市のイベントホール

伊丹市文化振興財団は、7月7日に行事の案内メールを送信する際、誤って登録者90名の氏名とアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、伊丹アイフォニックホールの行事案内メール。メール案内サービスに登録している会員90名を宛先に指定し、送付したため、氏名とメールアドレスが表示された状態で送信された。会員90名のうち、同メールが届いたのは61名だという。

受信者からの連絡で誤送信が判明。その後同日中にお詫びと削除依頼のメールを送信した。今後は伊丹市と連携しながら、安全なメール配信システムの導入やチェック体制の強化を行うという。

(Security NEXT - 2006/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD