Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で90名のアドレスを流出 - 伊丹市のイベントホール

伊丹市文化振興財団は、7月7日に行事の案内メールを送信する際、誤って登録者90名の氏名とアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、伊丹アイフォニックホールの行事案内メール。メール案内サービスに登録している会員90名を宛先に指定し、送付したため、氏名とメールアドレスが表示された状態で送信された。会員90名のうち、同メールが届いたのは61名だという。

受信者からの連絡で誤送信が判明。その後同日中にお詫びと削除依頼のメールを送信した。今後は伊丹市と連携しながら、安全なメール配信システムの導入やチェック体制の強化を行うという。

(Security NEXT - 2006/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意