Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ経営研究所ら、既存PCをシンクライアントとして利用できるUSBメモリを発売

NTTデータ経営研究所とNTTデータシステムズは、USBメモリ型シンクライアント「USBnux」を発売した。

同製品は、既存PCのUSBインタフェースに挿入し、USBメモリのROM上にあるOSを起動することでシンクライアント端末を実現するシンクライアントソリューション。

ブラウザによりサーバへ接続することで、サーバ内のアプリケーションの操作やファイルの閲覧、編集などを行うことができる。パソコン内のハードディスクは隠蔽されるため、ファイルの保存はできずファイルのコピーといった漏洩を防止できる。

同製品は、総務省が2005年度に公募した「個人情報保護強化技術実装システムの開発・実証プロジェクト」で採択され、すでに地方自治体の協力による実証実験を済ませているという。

(Security NEXT - 2006/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース