Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子文書の閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム - リコー

リコーは、セキュリティポリシーに基づいて電子文書の閲覧や印刷を制御し、内部からの情報漏洩を防ぐセキュリティシステム「Ridoc Policy Base Pro V1」を、6月28日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーに従って利用権限を設定したPDFファイルを作成し、閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム。すでに発売されている「Ridoc Policy Base V1」の上位版で、事業所や部門ごとに複数のセキュリティポリシーが設定できるほか、ユーザーに応じて閲覧や印刷の細かい制御を自動で行う。

文書の流出事故が発生した場合、閲覧や印刷はサーバで制御されるため、データの漏洩を防ぐことができる。また、同社のデジタル複合機「imagioシリーズ」やレーザープリンター「IPSiOシリーズ」と組み合わせれば、強制的にユーザーIDや印刷日時などを埋め込むことができ、紙文書からの漏洩の抑止効果が期待できるとしている。

価格は、50ライセンス付きの基本ソフトウェアで52万5000円。

(Security NEXT - 2006/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も