Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子文書の閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム - リコー

リコーは、セキュリティポリシーに基づいて電子文書の閲覧や印刷を制御し、内部からの情報漏洩を防ぐセキュリティシステム「Ridoc Policy Base Pro V1」を、6月28日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーに従って利用権限を設定したPDFファイルを作成し、閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム。すでに発売されている「Ridoc Policy Base V1」の上位版で、事業所や部門ごとに複数のセキュリティポリシーが設定できるほか、ユーザーに応じて閲覧や印刷の細かい制御を自動で行う。

文書の流出事故が発生した場合、閲覧や印刷はサーバで制御されるため、データの漏洩を防ぐことができる。また、同社のデジタル複合機「imagioシリーズ」やレーザープリンター「IPSiOシリーズ」と組み合わせれば、強制的にユーザーIDや印刷日時などを埋め込むことができ、紙文書からの漏洩の抑止効果が期待できるとしている。

価格は、50ライセンス付きの基本ソフトウェアで52万5000円。

(Security NEXT - 2006/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大