Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子文書の閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム - リコー

リコーは、セキュリティポリシーに基づいて電子文書の閲覧や印刷を制御し、内部からの情報漏洩を防ぐセキュリティシステム「Ridoc Policy Base Pro V1」を、6月28日より発売する。

同製品は、セキュリティポリシーに従って利用権限を設定したPDFファイルを作成し、閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム。すでに発売されている「Ridoc Policy Base V1」の上位版で、事業所や部門ごとに複数のセキュリティポリシーが設定できるほか、ユーザーに応じて閲覧や印刷の細かい制御を自動で行う。

文書の流出事故が発生した場合、閲覧や印刷はサーバで制御されるため、データの漏洩を防ぐことができる。また、同社のデジタル複合機「imagioシリーズ」やレーザープリンター「IPSiOシリーズ」と組み合わせれば、強制的にユーザーIDや印刷日時などを埋め込むことができ、紙文書からの漏洩の抑止効果が期待できるとしている。

価格は、50ライセンス付きの基本ソフトウェアで52万5000円。

(Security NEXT - 2006/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意