Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルーセントら、ネットワークの自動脆弱性診断サービスを提供

日本ルーセント・テクノロジーとBeyond Securityは、ネットワークの脆弱性をリアルタイムで検査する「自動脆弱性検査サービス」の提供を開始した。

同サービスは、最新の脆弱性情報をもとにネットワークを遠隔から自動で検査し、脆弱性診断を行うもの。診断結果に基づいて予防的なセキュリティ対策を講じることができ、ネットワークへの攻撃を事前に回避することができるとしている。

検査は遠隔から自動で実施されるため、ユーザー側の運用コストは不要。また、診断結果は日本語のGUIで表示されるため、ネットワークのセキュリティ状態が容易に把握できる。

(Security NEXT - 2006/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開