Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急8件を含む月例セキュリティパッチを公開 - MS

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティパッチを公開した。

今回公開されたパッチは、重要度「緊急」が8件、「重要」が3件、「警告」が1件の合計12件。緊急とされるものは、WindowsやInternet Explorerをはじめ、Microsoft JScript、Windows Media Player、Word、PowerPointなどの脆弱性で、いずれもリモートでコードが実行されるといったもので、できるだけ早急なパッチの適用が推奨されている。

重要とされるものについてもリモートでコードが実行されるTCP/IPの脆弱性や、サーバー メッセージブロックの脆弱性でアクセス権限が昇格するものなどを含む。

2006年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も