Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急8件を含む月例セキュリティパッチを公開 - MS

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティパッチを公開した。

今回公開されたパッチは、重要度「緊急」が8件、「重要」が3件、「警告」が1件の合計12件。緊急とされるものは、WindowsやInternet Explorerをはじめ、Microsoft JScript、Windows Media Player、Word、PowerPointなどの脆弱性で、いずれもリモートでコードが実行されるといったもので、できるだけ早急なパッチの適用が推奨されている。

重要とされるものについてもリモートでコードが実行されるTCP/IPの脆弱性や、サーバー メッセージブロックの脆弱性でアクセス権限が昇格するものなどを含む。

2006年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ