Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本電子計算、メール送信ミスで顧客のアドレスを流出

日本電子計算は、セミナーの案内メールを送信した際、誤って他の受信者のアドレスを表示した状態で送り、顧客295名分のアドレスを流出したと発表した。

同社によれば、5月23日に顧客60名に送った「Mathematica ユーザー会 ワークショップのご案内」、および24日に顧客235名に送った「ASSUM のトレーニング案内」メールにおいて誤送信が発生。送付先を「BCC」ではなく、誤って「TO」に設定して送ったため、他の受信者のアドレスが表示された状態で送信された。

同社では誤送信の判明後、該当する顧客に対してただちに謝罪メールを送った。メール送信前の確認を怠ったことが原因であるとして、今後はチェック体制を強化するとともに、個人情報保護に関する教育を徹底して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性