Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺サイトが1年間で約7倍に増加

ワンクリック詐欺サイトの数が1年間で約7倍に増加したことがわかった。URLフィルタリング製品などの開発を手がけるネットスターの調査により明らかとなったもの。

同社では、ワンクリック詐欺サイトを「違法と思われる行為」として分類、調査を進めているが、2004年から2005年の1年間で登録された「ワンクリック詐欺サイト」の数が約7倍へ増加したことが統計でわかったという。それらサイトへ誘導するURLも多数存在しているのではないかと同社では予測している。

また同社では、家庭の保護者を対象とした調査を3月に実施。その結果、「ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺などの悪質サイトへの接続が心配」という回答が8割を超え、子供がアダルトや出会い系サイトなどへの不安を押さえ、トップだったこともわかったという。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ