Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散法で漏洩を防止する「割符deガード」 - 3分割でリカバリーにも対応」

トッパン・エヌエスダブリュは、電子割符技術を使用した情報漏洩対策パッケージソフト「割符deガード」を開発し、販売を開始する。価格はオープン。

同製品は、秘密分散法の電子割符技術を活用したソフトウェア。パソコン内のデータを分割、複数のメディアにわけて保存、個々のデータだけでは復元ができないため、漏洩のリスクを下げることができる。また、サーバの運用は不要でスタンドアロンで動作する。

さらに2分割だけでなく、3分割にも対応。3分割ではそのうち2つが揃えばデータの復元が可能なため、万が一紛失した場合にデータが復元できなくなるといった事態を避けることができるという。

(Security NEXT - 2006/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大