Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリに暗号化機能などを追加できるソフト - サイバーリンク

サイバーリンク トランスデジタルは、セキュリティ機能のない通常のUSBメモリなどに、暗号化やパスワードなどのデータ保護機能を追加できる「USBメモリデータプロテクト」を6月16日より発売する。価格は、パッケージ版が7140円。ダウンロード版も用意されており5460円。

同製品では、通常のUSBメモリに「ソフトウェア認証」、「暗号化」、「パスワード」の3種のデータ保護機能を追加。これにより、メモリの盗難や紛失によるデータの流出を防ぐことができる。保存されたデータは、同ソフトがインストールされたパソコンでのみ、パスワードの入力後に閲覧できる。暗号化にはASEを採用した。

保護領域は、メモリ内でユーザーが自由に設定することができる。またUSBメモリだけでなく、コンパクトフラッシュやスマートメディア、マイクロドライブ、メモリースティック、SDカードなどの外部メディアでも同様に使用できる。

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に