Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

基地局地権者の情報がWinny流出 - ボーダフォン

ボーダフォンとノキア・ジャパンは、業務委託先企業の従業員が所有する私用パソコンがウイルスに感染し、関西地方における基地局地権者の個人情報がネット上に流出したと発表した。

流出が判明したのは、関西地区におけるボーダフォンの基地局の住所、および基地局地権者の氏名634名分。4月25日に外部からの連絡があり判明した。

その後の調査で、ネットワークの品質測定業務をノキアから請け負った下請企業の従業員がデータを持ち帰り、自宅のパソコンに保存したところ、Winny経由で流出したことがわかったという。

両社では、流出の対象となった地権者に対して個別に報告と謝罪をするとしている。また、個人情報の管理徹底や業務パソコンの一斉点検によるWinnyの削除など、再発防止策を実施したいとしている。

(Security NEXT - 2006/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を