Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第一生命、約20万件の顧客情報を記録したマイクロフィルムを紛失

第一生命保険は、20万5942件の顧客情報が記録されたマイクロフィルム計91枚の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、1977年から2006年の間に作成された、「コム」と呼ばれるマイクロフィルム91枚。顧客の氏名、口座番号、証券番号などを含む20万5942件の顧客情報が記録されていた。顧客情報の管理状況を調査するため、同社が保有するコムの点検を実施した際、紛失が判明した。

同社では、不正に持ち出した形跡がないとして、社内で誤って破棄した可能性が高いと結論付けている。同社では再発防止策として、管理ルール強化や、保存媒体の見直しなどを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性