Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム大量配信のトロイの木馬がランクイン - ソフォスウイルストップ10

ソフォスは、2006年3月度の「月間トップ10ウイルス」を発表した。

同社の調査によれば、トロイの木馬「Clagger-I」の増加が確認されている。同ウイルスは、スパムを大量に配信するもので、決済システム「PayPal」を装って不正ソフトを送りつけ、実行してしまうと攻撃者に侵入されてしまうという。

また、2005年4月に登場した「MyDoom-AJ」「Mytob-Z」など古いウイルスが再びランクインしている。同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-B
W32/Netsky-P
W32/Nyxem-D
W32/MyDoom-AJ
W32/Mytob-EX
Troj/Clagger-I
W32/Mytob-BE
W32/Netsky-D
W32/Mytob-FO
W32/Mytob-Z

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意