Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、186名分の社員情報がWinny上へ流出

KDDIは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、186名分の社員名簿および業務データなどがネット上に流出したと発表した。

2001年12月から2005年7月にかけて、自宅で作業を行うためデータを持ち帰り、個人用パソコンに保存していた。その後2006年3月29日にデータの流出が判明した。

流出が確認されているのは、同社員が所属する部署の2001年ごろの社員名簿で、186名分の社員情報が記載されていた。また、情報システム仕様書など業務データも含まれるという。

同社では、業務データの持ち出しや外部メディアへのコピーを禁止していたが、対策が不十分だったとし、社員教育や情報管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開