Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託会社がイベント参加者の個人情報を紛失 - 国交省

国土交通省は、同省と日本ウオーキング協会が主催のイベントにおいて、運営委託会社が置き引きに遭い、参加者の個人情報を含む資料が鞄ごと盗まれたと発表した。

同省によれば、3月11日に実施された「五街道クリーンウォーク2006」の開催中、新宿区の路上において委託員が作業のため目を離した隙に、置き引きに遭った。盗まれた鞄の中には、大山道コースの参加者98名の氏名、住所、電話番号、年齢、職業など、個人情報が記載されていたという。

盗難発生後、被害届を提出するとともに、拾得物の問い合わせ確認などをして捜索を実施した。同省では関係者に対し、書面にて報告と謝罪をした。今後は再発防止に向け、個人情報の管理体制をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性