Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」含む2件の月例パッチを公開

マイクロソフトは、3月の月例パッチをリリースした。今回は、深刻度が「緊急」「重要」において、それぞれ1件ずつの公開となった。

「緊急」とされる問題は、Microsoft Office の脆弱性「MS06-012」で、脆弱性を利用することにより、リモートでコードが実行されるもの。ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合に脆弱性を突かれた場合、攻撃者に乗っ取られるおそれがある。

また、深刻度が「重要」とされたのは「制限の少ない Windows サービスの DACL により、特権が昇格される(MS06-011)」というもので、脆弱性により、制限している操作やアカウントの作成など実施されるおそれがあるという。

2006 年 3月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県