Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本データ通信協会とISPがWinnyウイルス対策の啓蒙サイトを開設

日本データ通信協会は、ISPと協力し、「ANTINNYウイルス対策サイト」を開設すると発表した。

「Antinny」は、話題となっているWinny経由の情報漏洩をはじめ、コンピュータソフトウエア著作権協会のウェブへ攻撃するなど、被害が発生するもの。

同協会では、ACCSへの攻撃が減少していないことから、多数の感染パソコンがあると推測しており、ISP3社やウイルスベンダー2社と協力し、あらたに「ANTINNYウイルス対策サイト」を開設し、ウイルスの対策方法など啓蒙活動を進めるという。

同協会では、従来よりWinnyで感染を広げる同ウイルスについてメールによる注意喚起を実施したり、同協会とACCSの働きかけにより、マイクロソフトが駆除ツール用意、配布を行い、実績を上げている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性