Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託会社が顧客情報入りのメモリカードを紛失 - 酒田天然ガス

酒田天然ガスは、ガス機器に関する情報管理を委託しているティージー情報ネットワークにおいて、410件の顧客情報が記録されたメモリカードが所在不明になっていると発表した。

所在不明となっているメモリカードには、ガス機器の調査結果が記録されており、顧客の氏名、電話番号、不在時の連絡先などの個人情報410件が含まれていた。同カードは委託先の事務所で保管されていたが、2月17日に紛失が判明した。

業務委託先では、事務所内で発見できなかったため3月8日に同社へ報告。13日に紛失届を提出した。同社では、該当する顧客に対し報告と謝罪をする。また今後は委託先と連携して、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス