Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他人事じゃないWinnyによる漏洩事故 - IPAが防止方法を公開

情報処理推進機構(IPA)は、Winnyによる情報漏洩事故が多発している現状を受け、具体的な対策などをサイト上に掲載、注意を喚起している。

同機構では、Winny経由の情報漏洩事故の原因として、業務用パソコンの不足により個人所有のパソコンで業務データを扱っていたこと、データの外部持ち出しを禁止する規定が徹底されていなかったこと、ウイルスの感染に気付いていなかったことなどを挙げ、具体的な対策の重要性を示したもの。

防止策として、個人情報や機密情報などを扱っているパソコンにはファイル交換ソフトを導入しないなど、社内で使用条件を定めることなど具体例を示し、私用パソコンの持ち込みや、業務用データの持ち出しに関するルールなども定めて、全従業員に徹底させることが必要としている。

万が一情報漏洩事故が発生した場合には、ただちにネットワークから切り離し、原因を特定した上で漏洩の事実を速やかに報告。さらにパソコン内のデータをバックアップした上でウイルス駆除を実施することなども挙げた。

同機構では、中小企業や個人事業者、一般の個人ユーザーなど、事業規模に関係なく漏洩が発生しているとして、情報漏洩問題は他人事と見なさず、自分のこととして考えることが重要であると指摘している。

(Security NEXT - 2006/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大