Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講料全額免除、「セキュアシステム設計技術者」育成プログラム

工学院大学技術者能力開発センターは、2006年5月に開講する「セキュアシステム設計技術者」育成プログラムの第3期受講生を募集する。

同プログラムは、文部科学省公募による「平成15年度 科学技術振興調整費新興分野人材養成 基盤的ソフトウエア」の一環。各大学の客員教授や日本ネットワークセキュリティ協会など、産学が連携し、セキュリティ分野における仕様、基本設計、論理設計などを行える技術者を、養成を目指している。

2004年から2007年まで毎年40名を募集し、約160名の要請を行いたいとしており、現在、第3期の出願を募集している。締め切りは3月8日。入学検定料、入学金、受講料などは全額免除となる。

出願資格、選考方法、開講期間などの詳細は同センターのウェブサイト参照のこと。

(Security NEXT - 2006/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明