Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の帳票を紛失 - 名古屋市上下水道局

名古屋市上下水道局は、2月21日に熱田営業所において、同局の職員が個人情報を含んだ帳票を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、貯水槽水道の調査内容を記録した「貯水槽水道調査票」と、顧客の水道に関する基本情報を記載した「受付調査票A」を綴じたもの。現地での調査後、3組の紛失が判明したため捜索したが、1組しか発見できなかったという。

同帳票には給水装置の所有者名、装置を設置している建物名、住所、電話番号、料金の請求先などが記載されていた。

同局では個人情報の持ち出しについて具体的な規定を設けており、今回紛失した「受付調査票A」は持ち出さない規定で、持ち出す場合も鞄に入れた上で携行するよう決められていたが実施されていなかったという。

同局では、該当する顧客には個別に訪問のうえ謝罪した。今後はルールの周知徹底を図り、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ