Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の帳票を紛失 - 名古屋市上下水道局

名古屋市上下水道局は、2月21日に熱田営業所において、同局の職員が個人情報を含んだ帳票を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、貯水槽水道の調査内容を記録した「貯水槽水道調査票」と、顧客の水道に関する基本情報を記載した「受付調査票A」を綴じたもの。現地での調査後、3組の紛失が判明したため捜索したが、1組しか発見できなかったという。

同帳票には給水装置の所有者名、装置を設置している建物名、住所、電話番号、料金の請求先などが記載されていた。

同局では個人情報の持ち出しについて具体的な規定を設けており、今回紛失した「受付調査票A」は持ち出さない規定で、持ち出す場合も鞄に入れた上で携行するよう決められていたが実施されていなかったという。

同局では、該当する顧客には個別に訪問のうえ謝罪した。今後はルールの周知徹底を図り、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀