Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

止まぬACCSへのDoS攻撃 - ワーム「Antinny」の蔓延続く

コンピュータソフトウェア著作権協会は、サイトの旧URLに対するDDoS攻撃が現在も継続していることを明らかにした。

DDoS攻撃の原因はWinnyを通じて感染するワーム「Antinny」で、感染すると同協会ページを攻撃する。同協会では、同協会サイトへDDoS攻撃が行われるため、2005年1月よりサイトのURLを変更している。

同協会では、ISPや日本データ通信協会、マイクロソフトなどと協力し、注意喚起を実施したり、同ワームの駆除ツール公開といった対応を実施しているが、現在でも旧URLへの攻撃は続いているという。

同協会では、同ワームに感染するとパソコン内のデータが流出する恐れがあるため、今回の注意喚起は情報セキュリティの観点からも有効であるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県