Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

止まぬACCSへのDoS攻撃 - ワーム「Antinny」の蔓延続く

コンピュータソフトウェア著作権協会は、サイトの旧URLに対するDDoS攻撃が現在も継続していることを明らかにした。

DDoS攻撃の原因はWinnyを通じて感染するワーム「Antinny」で、感染すると同協会ページを攻撃する。同協会では、同協会サイトへDDoS攻撃が行われるため、2005年1月よりサイトのURLを変更している。

同協会では、ISPや日本データ通信協会、マイクロソフトなどと協力し、注意喚起を実施したり、同ワームの駆除ツール公開といった対応を実施しているが、現在でも旧URLへの攻撃は続いているという。

同協会では、同ワームに感染するとパソコン内のデータが流出する恐れがあるため、今回の注意喚起は情報セキュリティの観点からも有効であるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応