Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理者不要の情報漏洩対策アプライアンス - 日本ルシーダ

日本ルシーダは、導入が容易で管理者不要の、中小企業向け情報漏洩対策アプライアンス「Lucida SecurOffice」を発売する。

同製品は、導入の手間や管理者が不要で、設置スペースもとらない中小企業向けの情報漏洩対策アプライアンス。同製品をネットワーク内に設置して、ソフトをクライアントパソコンにインストールするだけで導入できる。セキュリティ項目なども予め設定済みとなっている。

社内ネットワークにおけるメール送信やウェブ閲覧などの操作履歴をブラウザから確認できるほか、データのコピー禁止や印刷禁止などの設定も可能で、詳細レポートも作成される。また、社内ネットワーク外で使用した際の履歴も記録し、管理できる。

(Security NEXT - 2006/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン