Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、1月のトップ10ウイルスを発表 - 新規ウイルスが増加

ソフォスは、2006年1月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、1月に発見された新規ウイルスは2312件で、昨年12月の新規ウイルスと比較して33%増加した。また、1月に使用されたメールのうち1.4%がウイルスメールだったという。

「Sober-Z」は、昨年11月に出現して以来猛威を振るったものの、1月の上旬以降急速に威力を弱める傾向があるが、全体の44.9%を占め、トップにランクインしている。「Netsky-P」についても、根強く2位となった。

また、1月18日に発見された新規ワーム「Nyxem-D」が初登場で4位にランクイン。同ワームは、メールの添付ファイルで感染を広げるもので、ファイルを開いて感染すると、毎月3日に発症してコンピュータ内のデータが破壊される恐れがあるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Sober-Z
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Nyxem-D
W32/Mytob-BE
W32/Mytob-FO
W32/Netsky-D
W32/Mytob-EX
W32/Mytob-C
W32/Mytob-AS

(Security NEXT - 2006/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大