Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行、6支店で顧客情報を記録したマイクロフィルムなどを紛失

りそな銀行は、吉祥寺中央支店など計6支店において、顧客情報が記載された書類の画像データ3万7571件を記録したMO、およびマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2000年から2003年にかけて同行が扱った入金や取立て依頼のための手形や小切手、および公共料金などの領収済通知書といった書類の画像データ3万7571件を記録した磁気ディスク、マイクロフィルムなど。いずれも顧客の氏名、住所などが含まれている。

同行によれば、2005年12月21日に吉祥寺中央支店において紛失が発覚。その後の調査で川崎中央支店、本郷支店、国立支店、三宮支店、千葉中央支店の5支店で紛失が判明した。同行では、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同行では再発防止に向け、顧客情報の管理をさらに徹底していくとしている。

(Security NEXT - 2006/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供