Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行、6支店で顧客情報を記録したマイクロフィルムなどを紛失

りそな銀行は、吉祥寺中央支店など計6支店において、顧客情報が記載された書類の画像データ3万7571件を記録したMO、およびマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2000年から2003年にかけて同行が扱った入金や取立て依頼のための手形や小切手、および公共料金などの領収済通知書といった書類の画像データ3万7571件を記録した磁気ディスク、マイクロフィルムなど。いずれも顧客の氏名、住所などが含まれている。

同行によれば、2005年12月21日に吉祥寺中央支店において紛失が発覚。その後の調査で川崎中央支店、本郷支店、国立支店、三宮支店、千葉中央支店の5支店で紛失が判明した。同行では、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同行では再発防止に向け、顧客情報の管理をさらに徹底していくとしている。

(Security NEXT - 2006/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開