Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン書店スカイソフトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

インフォトレーダーは、同社が運営する書籍販売サイト「スカイソフト」が不正アクセスの被害を受け、顧客の個人情報が流出した可能性があるとして、サイトを一時閉鎖した。

同社によれば、同サイトへの不正アクセスが判明後、過去のログを調査したところ、一部顧客の個人情報が流出している痕跡が見つかったとしている。現在も調査を続行するとともに、社内に対策本部を設置して、警察当局と連携しながら対応策を講じている。なお、1月19日出荷分までは出荷を行うとしている。

また同社によれば、スカイソフト以外の法人向けショップサイトなどは別途管理されており、情報流出の可能性はないことが確認されているという。しかしサイトを数日間閉鎖して、ログの再点検と防御策強化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消