Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、12月のトップ10ウイルスを発表 - 「Sober-Z」が約8割

ソフォスは、2005年12月の「トップ10ウイルス」を発表した。同社によれば、12月は大量メール送信型のウイルスが急激に増加し、全メールのうち6.1%がウイルスメールだったという。

11月に出現したばかりの「Sober-Z」の流行は深刻で、報告された全ウイルスの78.92%を占めており、現在でも衰える傾向がないという。

同ワームはメールの添付ファイルとして送られ、感染するとセキュリティソフトを無効にし、さらにコンピュータ内のアドレスを収集して自身のコピーを送りつける。友人からの連絡やFBIからの警告、ワールドカップチケットの提供など、第三者を装って添付ファイルを開かせようとするため、不審なメールの扱いには十分な注意が必要だとしている。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Sober-Z
W32/Zafi-B
W32/Netsky-P
W32/Mytob-EX
W32/Mytob-FO
W32/Mytob-BE
W32/Zafi-D
W32/Mytob-GH
W32/Mytob-C
W32/Mytob-FM

(Security NEXT - 2006/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛