Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水橋郵便局、書留の配達証など9153枚を紛失

日本郵政公社北陸支社は、富山県内の水橋郵便局において、書留の控えおよび配達証などの書類計9153枚の紛失が判明したと発表した。

同発表によれば、紛失が判明したのは書留などの局控え1062枚、配達証3076枚、配達証原符3119枚、およびゆうパックラベルの局控え351枚、配達証1545枚。受取人と差出人の氏名、住所、受付日、受領印などが記載されていた。

同書類は2005年5月に取り扱ったもので、通常は局内の倉庫に1年間保管されている。同社では不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2005/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに