Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年のセキュリティ市場見通しを公表 - 野村総研

野村総合研究所は、2010年までのセキュリティ市場動向を見通しを発表した。個人情報特需は一過性としながら、今後も堅調な伸びを示すとしている。

ウイルス対策市場は、2005年度予測の599億円から2010年には1008億円市場に到達すると予測。クライアントからの漏洩などを防止する「情報漏えい対策ツール」についても、320億円から472億円とウイルス対策より市場規模は小さいものの、ほぼ同様の割合で成長する見通しを示した。

バイオメトリクス認証機器の市場についても堅調で、現在の128億円から242億円へ伸びるとしている。一方、2005年度見通しが1100億円市場と大きく成長してきたセキュリティポリシーの策定や、認証取得の支援、トレーニング、セキュリティ診断、監査といった「セキュリティサービス市場」については、2006年が1140億、2010年が1370億円と緩やかな伸びへ移行していくとしている。

同社では、今回ブロードバンド市場や放送市場など、セキュリティ市場以外の予測も行っており、今後はさらに携帯電話やeビジネス、ハードウェアなどの市場予測についても公表していく予定。

(Security NEXT - 2005/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開